コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お木曳き(川曳き) 7月22日

我が宇治地区のお木曳きが無事、終了しました
私は昨年に引き続き「進行・警備」担当
実は昨年は、えんやびきの時に一名のケガ人がでてしまい
今年はそのようなことのないように
進行・警備担当はピリピリしてました

担当は
いちばん暴れる3番木
流血ざたなとになり
木を納められないようなったらコトである
この行事は「お祭り」ではなく「神事」であって
ご奉仕させていただくのが本筋なのだが・・・
なにがおこるやら・・・

と、心配してたものの
進行ルートもほぼ予定通り
勇壮なエンやびきも上手く行き
無事、御木を納めることができました。

かわびき1

っせき

かわびき2

スポンサーサイト

棟持柱(むなもちばしら)の奉曳

伊勢神宮の遷宮にむけて新しいヒノキ材を運ぶ祭典「お木曳(きひき)」が始まっています。

5月12日は最も太くて長い内宮正殿の棟持柱(むなもちばしら)の奉曳(ほうえい)がありました。

とりわけ、重要な部材であるため、参加されたみなさんは誇らしげであります。わたしの住む地区は、7月22日に川で木を曳きます。日曜日でありますが、店を閉めての参加です。

よく学校の教科書などで、ピラミッドの石を運ばされているヒトたちが
あわれな姿で描かれていましたが、今や奴隷徴用説は否定されているようです。

太陽の神のための神殿であることが共通する
この伊勢のお祭りも
みんな、喜びと誇りをもって参加しています


1

2

3

4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。