コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の買い物

夏休み突入!
土日でたいへん忙しかったのですが・・・
昨日は、お木曳きの打ち上げでヨイヨイ
あ~、きょうはボ~っとしてようと思ったら
知り合いから電話である
Mよう書房のおもちゃコーナーが本日限り
半額とのこと・・・

まあ、きょうはしんどいからパス・・・
と決心したものの
もやもや・・・

結局、行って来ました

デハビランドNo.1(タイメイ1/72)
de

3000円から2000円になってて、更に半額で1000円でget!
「紙をはるフラスチックヒコーキ」と箱にあるように、
プラの骨組みに、和紙をはるという
「なんじゃ、こりゃ~」な
おそろしいキットである・・・
当然、和紙にはカビ
紙に使うらしい専用接着剤は蒸発した模様でもぬけのカラ
である・・・

しかし
話のネタに終わらせぬよう
いつかチャレンジします
乞うご期待!!

Polikarpov R-5(APEX 1/72)
p

1000円が500円
ソビエトの複葉機
じつは、このキットは別の箱にはいったものを
500~800円位で見かけたことがあるのだが・・・
イカツイダンボールのパッケージと箱絵がきれいだったので
つい・・・

まあ、
2個とも中身は、予想どうり
“安い金で苦労を買う”
これぞ
プラモデラー道
でありまする!


スポンサーサイト

お木曳き(川曳き) 7月22日

我が宇治地区のお木曳きが無事、終了しました
私は昨年に引き続き「進行・警備」担当
実は昨年は、えんやびきの時に一名のケガ人がでてしまい
今年はそのようなことのないように
進行・警備担当はピリピリしてました

担当は
いちばん暴れる3番木
流血ざたなとになり
木を納められないようなったらコトである
この行事は「お祭り」ではなく「神事」であって
ご奉仕させていただくのが本筋なのだが・・・
なにがおこるやら・・・

と、心配してたものの
進行ルートもほぼ予定通り
勇壮なエンやびきも上手く行き
無事、御木を納めることができました。

かわびき1

っせき

かわびき2

正直なところ、はかどってません・・・

正直なところ、はかどってません・・・
BMに登録したプレッシャーか、はたまたWindstock Datafileによる
死霊のいけにえ(資料のいけにえ)か・・・

まずは、尾そりがあまりにしょぼい・・・・
作りますか・・・
もと

もとの状態
お

自作しました

お次はカラーリングです。箱絵から察するところ、お決まりのカーキグリーンでしょ・・・しかし、キットのインスト見ると、ダーク・ブラウン・・・ネットで拾った作例はほとんどグリーン、実機の写真もグリーンである。どないしましょ?
入手したWS.Datafileにはレッドブラウンの指定の機体が・・・・
カーキグリーンの英国機ばかり今までに作ったので今回は
ブラウンでいきやしょー!

と決心したものの・・・どんな、ぶらうん!じゃい?
って・・・・
手が止まる

しかし、複葉機イラスト名鑑(山海堂)をよく見れば
ドルフィンやDH2のイラストなんかが茶色やないですか・・・

どうもイギリスの一次大戦機はグリーンって先入観がつよすぎたのか・・・

この本では、単発機はほとんど茶色(かすかに緑っぽいが・・・)
双発大型の機体はあきらかなグリーン
機体の大きさによる見え方の違いから微妙に色を変えてるだけで
実は同じ色なのか?

と、新たな疑問も噴出・・・

しかし、もうこれでは進まない・・・
WSのレッドブラウン説で行くことに

イラストの茶色と
タミヤ、アクリルのレッドブラウンか近い色なので
それを根拠に採用!

本

尾そりも、仮装着↓

装着

極大射程

極大

映画化もされて、文庫化
ミステリー界でもなかなか評価の高かった作品
息子に本屋で「読んでみたいなぁ・・・」
と、いったら学校の図書館にあったらしく借りてきてもらいました。

(どないや?近ごろの学校図書は???)

いわゆる、スゴ腕スナイパーモノ
ベトナム帰りスナイパー、大統領暗殺計画にからんだ謀略にはめられていく話

冷戦終結、アメリカの銃社会問題などで
今時は
なかなかヒーロー像を作るのはムツカシイ・・・

という逆境がかえって、いい作品がおおかったりするのかも?

主人公は超凄腕なので、へたをするとスタローン的になってしまいそうなのだが、
南部人というキャラがぐっと雰囲気をひきしめております。

宿敵は車椅子にのっている、障害者スナイパーなのですが・・・そのスナイパーに「自分の命が長くないことを悟っても、その男には車椅子の人間を撃つことはできない・・・南部出身の射手にはおおいタイプ・・・異常なまでに名誉にこだわる・・・」なんてプロファイリングされ、どんどんワナにはまっていく・・・

本国では、ミステリーとしての評価は高かったものの、銃器にたいする著者の姿勢には、あーだこーだあった様である。
著者は銃規制にヒステリックに反対するガンクレイジーではないようであるが
「古き良きアメリカ的な銃所持」には賛同しているタイプなのであろう

「コノ国の知的エリート文化が人の暮らしの基本的関心との関係を失いつつある」

といった発言をしている

重い一言でありまする・・・

R.E.8続報

ブログモデラーズ登録して、気合入れていきましょう!!!
ということで、
「資料、別売りパーツには金はかけない」をモットーにやってきた私ですが、今回は初めて複葉機モデラー必携の資料「Windstock datafile」を買ってみました。
windstoc

送料込みで3千円ちょい・・・映画のパンフみたい・・・
(中学一年の時にチャック・ベリーのコンサートに行って1千円もしたパンフを思い出した。正直、ええっ?これで1千円って思いました)

いままでは、他人の作例やネットで拾った画像をひっしこいて見てた私です・・・

しかし、ええな・・これ、写真はええし・・・買ってよかった!
あっ・・・でも、改修すべき点がどっさり発覚してしまって、工作がいっこうに進まなくなるのも事実である。そこは、きっぱり見切りをつけて進みましょう!
まえ

適当に空気の取り入れ口がガランドウやったので、適当になんか、それ風に作ってしまったのだが・・・まあ、これはコレでいきましょう!
(注意!資料を買うのは、作り始めるまえに買いましょう!!!)

うっ・・・疑問を感じながらも適当に作ってた、後部Gunner用のシートが、丸いものであることが発覚!!!

これは・・・作り変えましょう・・・めんど・・いというほどのコトではないか・・・ちょちょいと装着!
丸イス

イス装着

まあ、のんびり行きましょう!

ぼちぼち、昇降舵と水平尾翼の操作ワイヤーが付く所(これってなんて言うものなのでしょうか?)を自作しときます。
プラを適当に気って鉄線(私は、へたったギター弦をリサイクルです)
操作索

実は、気分転換に(ならんならん、ストレスたまるばっかし・・・)
こんなモノもいじってます
bt7

某家電量販店のおもちゃ売り場で、600円くらいで投売りされてた
BT7(1/35 eastern express)です。
海外キットの戦車は初めて、わかってたけど不親切やな・・・
ステアリングの利く前の車輪の取り付けには苦労しました。
どうなるこっちゃ?

ヒコーキな文学 おすすめ その1

ライトニング

ジャン・マーク著(三辺律子訳)

戦記ものやら、航空冒険小説やら、そんなもの読めるか!
ってヒトにもおすすめ

イギリスで最も権威のある児童文学賞である
カーネギー賞受賞作です!

カーレースマニアの少年とヒコーキマニアの少年の友情物語
といっても、おたく小説ではありません
一級の青春小説ですぞ

深まっていく友情

消え行くものへの眼差し・・・

へたすると女子禁制
マンダム男の世界
になってしまいそうですが、
女性にもぜひ読んで欲しい・・・というか、フツーに読めます
(なんと!!ちなみに作者は女性です)

しかし、ヒコーキ好き、イギリス好きにも
かなりイケてる一品でっせ!!!

ぼちぼち製作中 エアフィックス R.E.8(1/72)

あの宇宙人のようなフィギアは、やはり使う気にはなれなくて・・・
どうしようかと・・・しばらく、ほったらかしてました
しゃーないから、でっち上げで内装を

まずは、シートの製作
プラ板を使って作ったこともあるが、今回は手っ取りばやく作る方法はないかと・・・そこらへんにあったコピー用紙のはしくれでつくってみることにしました。接着は楽に決まるしハサミもサクサク・・・
ちょいと、溶きパテを塗って補強と厚みをかせぐ・・・シート8

骨組も上のほうの一本くらいは入れて、あとは操縦桿とペダルとワイヤー(ギターの一弦を塗装もせずそのまま)を自作。(後部座席はちょっと形状が違うので零戦ののこりパーツを削って適当に・・・後に向きは後ろ向きに変更しました)シートベルトはマスキングテープにプラ板で金物を適当に・・・計器パネルも・・・まあ、適当に・・・
内装8

後部銃座の枠がキットのままだとなにもないので・・・どうしようか?
同じくエアフィクスのブリストルの時はペガサスのブレゲで使わなかったリングがあったのだが・・・
机の上のガラクタから、書けなくなったボールペンのキャップのサイズがバッチリなので使うことに・・・
キャップ8

切断、ペーパーがけして装着
装着8
ちょっとオーバーかな・・・
ここまで8

そろそろヒートンも作っとこ・・・
ヒートン8

3年ぶりのご無沙汰でした

京都から、帰ってきました。
ブログモデラーズに登録させてもらったので
モデラー諸氏から
書き込みをいただき
モデラーモードがビンビンですが・・・・
今日はライブレポートを


3年ぶりに京都拾得でライブでした。
tn

ゲストに西山元樹
に加えライブ2日前に
バンドやってたころの友人マーサ片平(大阪阿波座にあるカフェマーサの社長)にドラム を叩いてもらうことに・・・

トニー・ジョー・ホワイトを見に行ったかえりに
彼に会った時に、ドラム&ギターだけで
いっぺんライブしてみたいなと・・・
いったのがきっかけで
意外とはやく実現しました
といっても何曲かは3人になってしまったが、
3曲、ドラムと2人でやりました
ちょいと、味をしめました。
set

(ピックアップはフィシュマンに加えデュアルモンドも装着)

次回は、さらにエレクトリック度を増した感じにしたいかなと・・・
しかし、ギター2本持ってくのはメンドイし・・・


3年ぶりとなると
時代の流れを感じました
次回もよろしくたのんます!!


やっぱり年1回くらいは行かんと・・・

次の日は、かみさんと娘が京都に来て合流

(泊めてもらった友人の家から、東大路通りをバスで下ってる途中
  模型屋を発見!次回は攻めるぞ!)

かみさんが行きたがってた
一乗寺のとある本屋へ(かみさんの幼馴染と合流)
おしゃれな本屋
ん~
サン=テグジュペリの全集はないじゃないか
たいしたこったないな・・・
なんてぼやきながら
実は娘の子守をしてたのやが・・・

お~
福音館からでてるのは、もってたのやが
山本夏彦翻訳の復刻版の
ショボォの「年を歴た鰐の話」があるではないですか!
shobo


山本夏彦さんの本の後書き
を長新太さんが書いてて
その中で茂田井武さんの話にからめて
この本のことが書かれていて
ず~っと、欲しかったのである
文春から、復刻されてたのはしってたけど・・・
やっと
お目にかかれてゲット!!

その後も、かみさんは2人目の友人と再会
引き続き子守である・・・
その方はカラーセラピーの先生もやっている人なのだが
その方がいうには
その先生もボクも
「地上におりた守護天使」というタイプの人間らしい
いわゆる「癒し」系なひとだと・・・
その、かみさんの友人は
まったくそんなヒトなのですが・・・
おれは?

占いは信じないというか
左右されたくないというか
そう思ってますが、
カラーセラピーは占いではないそうです

そういや、
ライブ終演後
友人のK陽くんが
「癒されました」

こわいくらい真剣な眼差しで言ってくれたのは
まんざら・・・

そうか俺は!!!
また、新しい扉を開いてしまったようです

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。