コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Real Coffee House Music at 大阪・阿波座マーサ

5月21日は大阪・阿波座マーサにてライブでした
tono


歌うひとには それぞれの立ち位置があって 
歌というものは その場所から見える景色のようなものだ

いろんな景色が見えた夜だった

azuyu

1部
長井由美さん と スペシャルゲストのアズミさん

「ぞうの草原」という 大好きな由美ちゃんの曲がある 
リハの時にリクエストしてしまった

長井由美さんは何年か前には 人前で歌うことなど考えたことも無かったらしい
ある日 大塚まさじさんのライブを見て こんな世界があるのかと思って
知人がくれたギターを弾き始めたという コミニケーションが出来ない人相手の
介護をしていて 人前で歌い どんどん面白くなってしまったらしい

男ってのは 自己を確立することに 躍起になり不安になり もがいてしまう
(まあ それが魅力でもあったりするわけだけど・・・)
女性ってのは ふと 迷うことなく やる気になってしまうと
体からなにか出てくるのか大きな世界が噴出する
頭でなく 体に正直な女性から溢れる世界は 
優しく包み込むようなものがある
「象の草原」もそんな歌だ


いい歌ばかりだった

mahiko

2部
左から浦山直樹(急遽ゲストに) 高木マヒコ君 酒井ヒロキ君

マヒコ君は初体面 20代半ばのロッカーだ
バッチリ髪を整え かっこよくロックする 2本の足を地面に叩きつけ
ときには苛立ちながら 
ときには不安なりながらも疾走する
男である僕には とてもよくわかる 好きな世界だ
しかし 今の自分はそこに立っていない
でも マヒコ君の歌を通して そんな景色が見れて とても楽しかった
つい 僕も昔やったことのある ロカビリーナンバーを歌いたくなった
本番では我慢したが 打ち上げでは代わる代わる お互いの好きなロックンロールを歌いあった 

sess

3部
左から 浦山直樹 アズミさん 外村伸二 松井宏

ハーピスト松井さんと マンドリンとギターに浦山直樹を迎えての豪華ライブであった
松井さんは 有山さんやブレイクダウンの音源でもおなじみの凄腕プレイヤーである
やっぱり凄かった

ウラヤンは ボクの知ってるギタリストの中では 一番音楽的に相性のいいプレイヤーである
ライ・クーダーうんぬん よく言われたりするけど 守備範囲はかなり広い

そんな2人を迎えてかなり贅沢なライブが出来たと思う 感謝 感謝である

 
ご存知だと思うが
ぼくはフルタイムのミュージシャンではない
ライブは単発仕事で 日常はコーヒーを一日淹れつづける生活である
昔は旅するブルースマンの生活に憧れていた 

アズミさんが毎月リリースしてるCDR「月刊アズミ」4月号に3曲参加したこともあって
ゲストで出演してくれた

アズミさんは一年中 何処かの町で歌っている 本物のブルースマンである

当然 2人の見ている景色は違う
前にも「こい・コーヒー」という曲を録音してくてたが
アズミさんが 自分の曲を気に入ってくれているのは 本当にうれしいことだ
今回 そんな2人で 録音した曲は 
小さな町で 静かに暮らしてる日常を歌ったボクの歌だった
ボクには とてもウレシイ体験であった
パトリス・ルコントという監督の映画「列車に乗った男」という好きな映画がある

小さな町で 詩を教えている男 と 流れ者の殺し屋の話である
その映画を見た時
ぼくは勝手に 自分とアズミさんとの関係を考えながら見てしまった

映画の男が 流れ者に憧れたように
ぼくも いつまでたっても 旅するブルースマンに憧れ続けるのだろう

ラストは
一緒に その3曲を演奏できた

(追追記)

打ち上げは4時過ぎまで・・・
よっぱらい 本番くらい 歌ってたような気も・・・
マヒコ君とは ロカビリーを

行きの電車で ビーチボーイズがらみの本を読んでたので
ウラヤンとはビーチ・ボーイズナンバーを・・・
(それにしても ウラヤンは人間ジュークボックス ぼくが主旋律からかってに ファルセットに行っても付いて来てくれる なんて素晴らしい人!)
ペット・サウンズだけがビーチボーイズではない と思うのが 
本当のファンだ!と思っている
バーバラアン や ファン・ファン・ファンを 歌ったことが無い人には絶対分かるまい世界があるのだ
この2曲 脳みそがアドレナリンで一杯になる とくにファルセットをやると・・・
オレにはドラッグなんていらないって 心の底から思う

ブライアンはファンサービスでやってるのだろうか?
キモチイイからに決まってる



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。