コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら僕の夏 この夏のベスト3

夏も終わってしまうな・・
と 体のどこかにまだ住んでる少年が ため息をついているようです

捕まえたけどすぐ死んでしまった美しい昆虫の死骸
マッチ箱にいれたことをわすれたふりをして
今に至っているような・・・そんな感じ
もう あの夏が終わったころには くすんだ色しか発していなかったはずなのにね

収集癖があるのって男(それも少年っぽい?)だけだよねぇ?
と うちの店の女性スタッフ言うと「そうですよ 女は常に新しい何かを求めてますから!」と
あっさり言われてしまった 夏の終わりでした


そんでもって この夏のベスト3

①本「グレート・ギャツビー」スコット・フィッツジェラルド

ぎゃ
 
ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」と並んで夏がくると読み返したくなる一冊です やっと読んだ村上春樹訳 もう何度読んだかわからないけど やっぱりこっちの訳の方が優れていると思う これも昨今の女性には駄目な小説だと「本の雑誌」の記事にあった そうそう「本の雑誌」にギャツビーのことが連載中ですが なかなか良いです

②本「さよなら僕の夏」レイ・ブラッドベリ

さよなら


ベストに選ぶほどじゃないのかも・・・・というか やっぱり「たんぽぽのお酒」には到底及ばないです レコーディングをやってたりで実は本をほとんど読まなかった夏でした 傑作(僕のオールタイムベスト3には絶対入る)「たんぽぽのお酒」の 一年前の晩夏という設定です。あのダグラス・スポールディングに会いに行きましょう 夏が終わってしまう前に・・・挿絵 表紙はうちの店でも御馴染みの荒井良二さん

③CD「日々とポップス」Yo-King(真心ブラザースの倉持君のソロ)

よk

上にでてきた 女性スタッフが貸してくれたCD
「ぼくの好きな人」ってのは誰が聞いても切なくなってしまう名曲
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。