コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近 年取ったせいか早起きです

自分は通勤時間がゼロ 最近は本もCDもネット通販だし 行動範囲せまいなぁ 我ながら・・・
通勤帰りに一杯なんて話を聞くと ああぁ うらやましいな
なんて思ったりします
そんな日々の生活の中 朝夕の犬の散歩が ひとりでぼんやり考え事をしたり
いやなことをリセットするそんなひと時です

このところ大好きなシンガーのタウンズ・ヴァン・ザントの歌詞を
自分で翻訳するのにハマってます

彼の詩は 一見すると簡単な単語しか出てこない
しかし分かりやすいことはなく 難解です

日の光や 月や星 風 季節の流れ そんな簡単な言葉が出てくるのですが
それがどういう状態なのか?それを想像しながら散歩しています

例えば

Skies full of silver and gold
try to hide the sun -No Place To Fallより



At my window
watching the sun go
hoping the stars know
it's time to shine
daydleams
aloft on dark wings
soft as the sun streams
at day decline -At My Windowより



Spring only sighed
summer had to be satisfied
fall is feelin' that i just can't lose
I'd like to stay
maybe watch a winter day
turn the green water
to white and blue -Flying Shoesより



といった 言葉を頭にインプットして 家をでます

そしてクリクリ(犬の名前)と散歩しながら
それらの簡単な言葉の秘密を探るべく
川の流れを眺めたり 木漏れ日を見たり 風にふかれたりしながら
クリクリに「おい これが アレのことかな?」なんて
話しかけて歩いてます (気がふれた老人か? 俺は・・・)

そんなことを繰り返してたら
随分前に買ってほったらかしていた
与謝蕪村の本を手に取ったら
やられた (タウンズ・ヴァンに通じるものを感じました)

すごい なぁ
蕪村をろくに知らずに 俺は44年(気がつきゃ 45歳じゃねえか!今日)も生きてきたのか・・・





季節がらというか(まだまだ暑いけど・・・)
秋の句が身にしみるのですなぁ






「おのが身の 闇より吠えて 夜半(よわ)の月」






(黒犬の絵に讃して詠んだ句 闇夜に吠える黒犬は、自分が吠えているのか、闇夜の宇宙が吠えているのか?主客が解らない ともあれ秋の夜半に長く悲しくさ寂しみながら、物におびえて吠え叫ぶ犬の心は、それ自ら宇宙の秋の心であり 蕪村の傷ましい心なのであろう 萩原朔太郎)







「恋さまざま 願いの糸も 白きより」








(古来より難解とされてる句 「さまざま」は「散り散り」 「願いの糸は 白きより」は「純潔な熱情で恋をしたけれども・・・」と萩原朔太郎は解説してる  )

どう? いいでしょ? まるでタウンズ・ヴァンの詩みたいだと思いませんか?(まあ こんな事思ってるのは 私だけでしょうが・・・)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。