コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟持柱(むなもちばしら)の奉曳

伊勢神宮の遷宮にむけて新しいヒノキ材を運ぶ祭典「お木曳(きひき)」が始まっています。

5月12日は最も太くて長い内宮正殿の棟持柱(むなもちばしら)の奉曳(ほうえい)がありました。

とりわけ、重要な部材であるため、参加されたみなさんは誇らしげであります。わたしの住む地区は、7月22日に川で木を曳きます。日曜日でありますが、店を閉めての参加です。

よく学校の教科書などで、ピラミッドの石を運ばされているヒトたちが
あわれな姿で描かれていましたが、今や奴隷徴用説は否定されているようです。

太陽の神のための神殿であることが共通する
この伊勢のお祭りも
みんな、喜びと誇りをもって参加しています


1

2

3

4

スポンサーサイト

コメント

遷宮は何年ごとにするのですか?この前お伊勢さんに行ったときまだ建っているお社も新しいと思っていましたが・・・・・・・・
店長さんもこんな大木をひくんですか^^;;
祭られているのは天照大神でしたっけ?三種の神器のひとつはお伊勢さんにありますよね。熱田神宮に「草薙の剣」皇室に「ヤタノ鏡」で・・・・・・
お伊勢さんは「勾玉?」古事記読み直します^^;;
あ!日本書紀だっけ?

  • 2007/05/16(水) 18:52:32 |
  • URL |
  • Yumiko #UzUN//t6
  • [ 編集]

20年に一回です。イロイロ始まってますが、まだまだ先です。
お伊勢さんは鏡です。
わたしの地区はこれほど大きい木は運びませんが、1昨年まえに御樋代木奉曳式といって御神体をおさめる箱をつくる材を運ぶ行事に参加させていただく名誉をさずかりました。

  • 2007/05/17(木) 00:52:01 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

御樋代木奉曳式がまず読めませんでしたのでコピペしてグーグルで検索しました。そして遷宮に至るまでの長期に渡る行事を紹介しているサイトhttp://www.sengu.info/gyoji.html
で少し知識を得ました。

遷宮のさいにはきっとこちらでも大きく報道されることでしょうね。頑張ってください。

  • 2007/05/17(木) 13:02:11 |
  • URL |
  • Yumiko #UzUN//t6
  • [ 編集]

すいません、絶対読めませんよね・・・
お木曳きも「おきびき」って、ふつうのヒトは読んじゃいますから。
今後は気をつけます。

  • 2007/05/17(木) 19:53:57 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。