コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』

3ど

監督:トミー・リー・ジョーンズ
脚本:ギジェルモ・アリアガ
製作:トミー・リー・ジョーンズ
出演:トミー・リー・ジョーンズ、バリー・ぺッパー、フリオ・セサール・セディージョ、ドワイト・ヨアカム、メリッサ・レオ

(ストーリー)
メキシコ人カウボーイ メルキアデス・エストラーダの死体が見つかる。純朴なメルキアデスを心から愛していた友人ピートは、深い悲しみに襲われながらもある約束を思いだす。「俺が死んだら、故郷ヒメネスに埋めてくれ」。ひょんなことから、メルキアデスが国境警備隊員のマイクに殺されたことを知ったピートは、マイクを拉致。彼に無理矢理メルキアデスの死体を担がせ、メキシコヘの旅に出発する。

登場人物はとるにたらない人ばかり
メチャクチャ善人もいなけりゃ 凶悪な悪者もいない
それぞれに 罪作りなことをやり
赦しを求める

友情があり 悲劇がある

(ネタばれになるが)
メルキアデスの語った
家族、故郷の町ヒメネスは現実には存在しなかった

メルキアデスは故郷の町を
心が張り裂けるほど美しいと語った

映画が進むにつれ 事実(言ってしまえばつまらん事実)は明らかになっていく
しかし 真実はそれぞれの心の中にあるのだろう 心が張り裂けるほど美しい故郷
みんな そこに向かっていたのだろう


(つづきは追記)


トミー・リー・ジョーンズは影響をうけた映画としてペキンパーの「ガルシアの首」をあげていたようだが、私には以前に取り上げたモンテ・ヘルマンの「銃撃」の影響もあるのでは?と思ったのですが・・・映像的にもそうですが(砂漠が一瞬雪景色のように見えたり)、きっかけとなる事件も犯人にとっては偶発的な事故のようなものだったり
大きな違いは「銃撃」で犯人は復讐されますが、こちらでは「赦し」で終わりますが・・・

犯人の国境警備隊員夫婦の俳優さん2人がナカナカの名演です
この2人の役者なしには名作にはならんかったでしょう!

あと音楽ファンとしては
カントリーシンガーのドワイト・ヨーカムが警官
なんと(といっても実はすでに役者デビューしてましたが)レヴォン・ヘルムが
目の見えない 死を待つ老人(宗教的信条により自殺できず 殺しくれと主人公に頼む)を見事に演じてます

サントラをやってる人は エンニオ・モリコーネの門下生で
ときおり師匠のクセが出たりしたそうですが そこは監督はダメだししたそうです
サボテンを楽器に使ったりしたそうです

フレディ・フェンダーやフラコ・ヒメネスといったTex-Mexのナンバーも
要所でばっちり使われてます

あと、犯人役の役者が語っていたのですが
内容について 監督につっこんだ質問をすると監督は「伝道の書」を読んでこいと言ったそうです。そうすると彼は「わかった」らしいです。(私も見たあと読みましたら「わかった」気がしました・・・)「伝道の書」は聖書の中でもチョット変わった「書」です。短い「書」で全部で12章しかないので一読してみてください

なには
ともあれ オススメの一本!です

(一足先に Booneyさんのブログhttp://boon-log.cocolog-nifty.com/blog/booneys_talk/index.htmlにも取り上げられてます)

スポンサーサイト

コメント

おもしろそうな映画ですな。同じくトミーリージョーンズとレヴォンが出てる映画で歌えロレッタ愛のためにって映画が好きで以前何度も観ました。ナッシュヴィル行ったときも、アーネストタブレコードショップとかトゥーチーズってライマンオーディトリアムの近所のバーとか行って、ここあの映画に出て来たとこやなあ、、と感慨深かった。原題、炭坑夫の娘。好きでした。

  • 2008/02/25(月) 00:17:07 |
  • URL |
  • wanDer #-
  • [ 編集]

>wanDeさん
ミクシイ経由でこっちの書き込みありがとう!
お~アーネストタブレコードショップ!!わたしも行きましたぞ!日本では欲しくてしょうがなかったクリント・イーストウッドの「ホンキートンクマン」(邦題はセンチメンタル・アドベンチャーってひどい題名)のサントラがカット盤で見つけられて感動でした。ライマン近所のバーも行ったよ!オープリーも行ったで~ビル・モンローとスキーター・デイビス(「エンド・オブ・ザ・ワールド」!!!!!)を見たっけ・・・

この映画ええですよ~ん!

  • 2008/02/25(月) 01:45:34 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

題名だけ見たら敬遠しそうな映画です。でもトミー・リー・ジョーンズは好きです。もちろんレヴォンも。

  • 2008/02/25(月) 12:32:44 |
  • URL |
  • うらやん #/5lgbLzc
  • [ 編集]

>Honky Tonk Man
 この映画も好き。メンフィスの酒場のシーンで歌う黒人のオバチャン・ブルース・シンガー、何とリンダ・ホプキンスなんだよねー。BSでTV放映されたのをDVDに焼いてリピート鑑賞してます。

  • 2008/02/25(月) 12:33:06 |
  • URL |
  • booney #-
  • [ 編集]

>うらやんさん
レヴォン見るだけでも・・・いいかも!渋いです

>booneyさん
それは知りませんでした
ひさしぶりにヴィデオ見てみよう

  • 2008/02/25(月) 16:26:41 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

すきそうな映画ですな。。。トミー・リー・ジョーンズってあのCMでてる人?
見当違いなら申し訳。。。。

  • 2008/02/25(月) 17:23:40 |
  • URL |
  • びいる星人 #-
  • [ 編集]

>びいる星人さん
缶コーヒーのCMに出とります
レヴォンは渋すぎ!というか「ただのジジぃ」というのか・・・見て頂戴!

  • 2008/02/25(月) 17:59:52 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

一昨年かな?珍しくしゃちょーと二人で観に行った映画。私も好きな映画でした。
あれを観てから、しゃちょーの事務所のベランダをトミーリージョーンズが立ち寄ってたメキシコのバーのイメージの照明にしてます。(笑)
あの老人、レヴォンやったんや!わかってなかった~~よかったよね*

  • 2008/03/01(土) 00:55:17 |
  • URL |
  • こゆき #-
  • [ 編集]

>こゆきさん
ええですな~じわ~とくる映画でした
レヴォンさんはなかなかわからんでしょう
だってホンマにただのじいさんにしか見えませんから・・・

  • 2008/03/01(土) 21:34:27 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。