コーヒー一杯飲むあいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パットン大戦車軍団」

patt

衛星放送で録画してあった「パットン大戦車軍団」を何十年かぶりにみた。子どもの頃、本物の戦車が見れるてんでTVにかじりついた記憶があるものの・・・内容はさっぱり憶えてなかった

これがなかなか・・・(タイガー戦車が偽者なんていいっこなしヨ!)



武人にして詩人

アメリカは元来好戦的と豪語

騎士の生まれ変わりと信じてやまない古風な武人

政治的野心ゼロ

イラク戦争の時にパットンがいたら・・・

武士道精神(いやこの場合、騎士道精神か・・・)のかけらもない
アメリカのあんなふるまいはなかったかも・・・


そんなこと思った










それにしても
主演のジョージ・c・スコット

なんと当時42歳・・・
アカデミー最優秀主演男優賞を受賞
「史上最高の演技の一つ」と賞賛されたが、スコットはオスカーの授賞式を「肉のパレード」と呼んで受賞を拒否したらしい。

行き場をなくしたオスカー像はパットン将軍の記念館にあるらしい

これまたいいお話



(むかしはアカデミー賞もグラミー賞もみんなバカにしてたけどなぁ・・・
             最近みんなお祭り騒ぎが過ぎるような気がしないでもない・・・)
スポンサーサイト

コメント

ジョージ・C・スコット うーん漢(をとこ)ですね。 好いエピソードを教えていただきました。 上を向いて仕事する管理職や、叙勲めあてに張り切る会社の上司に聞かせてやりたいですね。
PS.アナログレコードをCDに書き込むプレイヤーを名古屋の駅地下三省堂で売ってました。

>あおいさん
一次大戦エースをネタにした「華麗なるヒコーキ野郎」なんてのは騎士道精神あふれるエピソードが語られるのが印象的でした。近代戦以降ロマンチシズムは消えましたね・・・。そんな2次大戦期にも化石のような人はけっこういたんでしょうね。いまの時代にもいてほしいもんです。

それと
そのプレイヤー。雑誌の記事でみました。便利なものがでてますね。ただ、写真でみるかぎりプレイヤー部分にもっと金をかけてほしいなぁ・・・もっと値段たかくてもいいから

  • 2008/03/09(日) 16:35:22 |
  • URL |
  • 店長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。